よくあるご質問
よくあるご質問

[ なでしこ離婚相談室に関する質問 ]

Qなでしこ離婚相談室について教えてください
Aなでしこ離婚相談室は静岡県藤枝市に平成21年9月に開設された相談室です。離婚問題や夫婦(パートナー)関係で悩んでいる方のために、上級離婚カウンセラー(岡野あつこⓇ師事 NPO法人日本家族問題相談連盟認定)である行政書士が運営しています。
Qなでしこ離婚相談室の特徴は何ですか?
A精神面、心理面をフォローできるカウンセラーがいるということ。
そして、法律に詳しい行政書士がいるということ。
よくお客さまには、「雰囲気が優しい」という言葉をいただきます。
気持ちが弱っているときには、いきなり弁護士事務所に行かれるよりも、なでしこ離婚相談室のカウンセリングで、まずは気持ちを普段の状態に戻すのが良いかもしれません。
なでしこ離婚相談室のカウンセリングは、コーチングやセラピーの手法を取り入れて、その方の状況やペースに合ったものになるように心がけています。
離婚問題に直面した方にとっては、法律よりも気持ちの方が重要ではないでしょうか?いくら法律的に決着がついたとしても、気持ちが置き去りになってしまっては、本当の意味での解決にはならないと考えています。
Q駐車場はありますか?
Aはい、あります。もし駐車場がいっぱいのときは近隣の駐車場をご案内します。その場合の駐車料金はこちらが負担しますのでご安心ください。
Q電車で行きたいのですが。
A電車で来られる方は藤枝駅(JR東海道線)で降りて北口に出てください。なでしこ離婚相談室は藤枝駅から徒歩5分くらいの場所にあり、電車の方にも便利です。
Q土日や夜間はやっていますか?
A営業時間は平日(月~金)の9時~17時です。営業時間内にご予約下さい。
ただ、土日や夜間も都合がつく限り対応しますので、一度お問い合わせください。

[ 離婚カウンセリングに関する質問 ]

Q離婚カウンセリングって何をするんですか?
Aまずは初回2時間、お話しをじっくりお聴きしながら
1.現状を把握し、
2.問題を整理し、
3.望みを明確にして、
4.解決に向けて今何をしたら良いのか
を一緒に考えていきます。
Q考えが全然まとまっていないのですが、相談に行ってもいいですか?
AもちろんOKです!
むしろ言葉に出して第三者に話しすることで、今の問題点やご自分の望みがはっきり見えてくることが多いです。相談を上手く利用して目の前のモヤモヤを取り払いいましょう。
Qどんな相談でもいいんでしょうか?
A夫婦、パートナー、男女関係であれば、修復や離婚の相談に限らずお受けしています。
例えば今までには、「私はこの人と再婚しても大丈夫でしょうか?」というご相談もありました。
Q離婚を勧められるんでしょうか?
A離婚カウンセラーと聞くと、離婚を勧める人だと思われがちですが、決して離婚は勧めません。かといって、修復を勧めるわけでもありません。
一番大事なのは、あなたはどうしたいのか?何を望んでいるのか?ということ。目の前の離婚や修復だけではなく、その先に続く人生にまで焦点を当てていきますので、こちらの考えや判断を勧めるようなことはありません。
Q初回2時間も話すことはないのですが・・・
A確かにそう思われる方もいらっしゃるでしょう。ところが実際に始まってみるとあっと言う間の2時間です。人に話すことでご自分の心が軽くなることを実感していただけると思います。
ただ、本当に2時間は必要ないという方もいらっしゃいます。申し訳ありませんが、2時間以内に終わった場合でも初回の料金は全額いただきますのでご了承ください。
Q遠くに住んでいるので対面ではなく電話で相談できますか?
Aはい、できます。skypeの環境があればSkypeでの相談も可能です。
電話(Skype)相談のメリットとしては、
・日本全国(時には海外からも)どこからでも相談できる
・移動時間が必要ない
・自宅なのでリラックスして話しができる
デメリットとしては、
・電話料金の負担がある
・通信状態が良くないときがある
・対面に比べて言葉以外(例えば表情など)から得られる情報量が少ない
Qどこから来られる方が多いですか?
Aこれまで静岡県内(藤枝市、島田市、焼津市、静岡市葵区、静岡市駿河区、静岡市清水区、吉田町、牧之原市、菊川市、掛川市、磐田市、浜松市)から来られる方が圧倒的に多いです。県外ですと、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、愛知県からの方も来ていただいてます。静岡県内はもちろん他県からも時間をかけて来ていただけることは本当にありがたいことだと思っています。
Q予約はどうやってしたら良いですか?
Aお電話(054-669-6907)か、ホームページのお問い合わせフォームからお願いします。相談室の予約が埋まっていることもありますので、ご希望の相談日時は第3候補くらいまで用意していただけると助かります。
Q15分の無料相談を試してみたいのですが…
Aありがとうございます。いきなりの有料相談を躊躇われるのは当然だと思いますので、なでしこ離婚相談室では15分の電話無料相談を設けています。カウンセリングってどんなもの?カウンセラーは信用できるの?という方や、この点だけ教えて欲しい!という方は是非ご利用ください。ただし15分という短い時間ですので、予めポイントを一つに絞ってお電話ください。
電話番号は054-669-6907です。カウンセラーがカウンセリング中や不在の場合等はお掛け直しいただくことになりますので、御了承ください。
Q夫婦ふたりで行ってもいいですか?
AもちろんOKです!ふたりでカウンセリングを受けることによって、現状と問題点が共有できれば、その後の夫婦関係をより良いものにしていくことができますね。
来ていただくうえで気をつけていただきたいことは、夫婦ふたりともがカウンセリングを受けることに賛成していること。どちらかがもう一方を強制的に連れてこられたときはカウンセリングはお受けできません。
カウンセリングは自主的に受けることによって効果が期待できるものですので、ご理解下さい。
Q妻ともめています。説得していただくことはできますか?
A残念ながら、もめている(紛争中の)相手方への代理交渉は弁護士法第72条に抵触しますので、できません。
なでしこ離婚相談室では、もめている相手を説得するよりも、あなた自身がこれからどう行動するのが良いかを考えていかれることが第一だと考えます。これはひとりで考えることがとても難しいところです。カウンセリングで一緒に進めましょう。

[ 離婚協議書等作成に関する質問 ]

Q離婚することになりました。
私たちには子どもがいないのですが、離婚協議書は作った方が良いんでしょうか?
A 離婚にあたり、まずは「離婚協議書」を必ず作成する方向で検討してください。自分たち夫婦は特別決めることはないと思っていても、素人判断は危険です。作成を頼む頼まないは別にして、一度は専門家に相談された方が良いと思います。
Q離婚協議書の作成をお願いしたいのですが何を決めたらいいですか?
Aお子さんがいらっしゃるご夫婦でしたら、
1.親権者
2.養育費
3.面会交流
4.財産分与
5.慰謝料(あれば)
6.年金分割(該当すれば)
が、離婚協議書に記載する基本的な条項になりますので、これらを決めていくことになります。お子さんがいらっしゃらなければ、1~3は必要ないですね。これらの他にもご夫婦特有の決め事があると思います。気になる点は書き出しましょう。
各項目とも決める上で考慮すべきポイントがありますので、ご注意ください。
Q協議書の内容について夫と話しをしようにも話しができません。
どうしたら良いでしょうか?
A離婚することには同意しても、その後の話し合いに時間がかかることはよくあることです。思うように進まずヤキモキすると思いますが、根気強く淡々と進める必要があります。こういうときは、ひとりで頑張るのは本当に大変ですので、周りの力を借りてください。話し合いが全く期待できないときは、家庭裁判所に調停を申し立てることも視野に入れて下さい。
Q夫の不貞が原因で離婚します。慰謝料はいくらもらったら良いでしょう?
Aあなたは不貞行為を行った夫に対して慰謝料が請求できます。しかしながら、慰謝料の額を見積もる(鑑定する)ことは弁護士法第72条に抵触しますので、こちらではできません。ただ、あなたがどうやって金額を決めたら良いかについて、一緒に考え
ることはできます。
Q公正証書って何ですか?
A当事者の合意内容を公証人が作成するものです。公証人が関与することで、証明(証拠)力、執行力、安全性が確保されます。離婚の場合は、公証人に依頼して、夫婦間での合意内容を公正証書として作成してもらいます。
離婚協議書を公正証書で作成することの一番のメリットは、例えば養育費や慰謝料の分割払い等がある場合、支払いが滞ったら直ちに強制執行(財産の差押え)手続きができるところにあります。
将来に渡って続く金銭の支払いがあるときには、必ず公正証書を作成しましょう。

[ なでしこカフェに関する質問 ]

Qなでしこカフェって何ですか?
A簡単に言うと、おしゃべりの場です。
とは言っても、ただのおしゃべりの場ではなく、心のモヤモヤを吐き出したり、誰にも言えないことを話したり、自分の気持ちを受けとめてもらえる場です。
話す内容は離婚や夫婦関係に限らず、何でもOKです。
なでしこカフェでは、あなたのお話しをじっくり聴きます。基本的にアドバイスはしません。自分の話をじっくり聴いて受けとめてもらうことで、あなたの中で起こる変化を是非体験してください。
Qなでしこカフェは電話でもできますか?
Aはい!
対面、電話、Skype のお好きな方法をお選び下さい。

ABOUT US

行政書士飯塚實事務所 なでしこ離婚相談室(静岡県藤枝市)

最新のブログ

  1. 離婚手続の中で、最後にやることが「離婚届」の提出です。そう。
  2. 統計によりますと、離婚後5年以内に再婚した割合は、夫が26.6%、妻が22.1%です。
  3. 「年度末までに離婚したい」という希望をよく聞きます。特に、学童期のお子さんをお持ちの方に多いです。

ブログカテゴリー