慰謝料

相手方の不法行為によって離婚に至ったときには、その精神的苦痛について慰謝料が請求できます。不法行為というのは例えば、暴力や不貞行為などがあげられます。
慰謝料の金額によっては一括払いできないこともあるでしょうから、その場合は分割払いの方法(何回払いか)をしっかり決めておくことが必要です。

→記載例
→関係判例

ABOUT US

行政書士飯塚實事務所 なでしこ離婚相談室(静岡県藤枝市)

最新のブログ

  1. 民法が改正されて、今年の4月1日から成年年齢が18歳になります。
  2. 令和元年12月23日、養育費、婚姻費用の算定表が改訂されました。
  3. 離婚手続の中で、最後にやることが「離婚届」の提出です。そう。

ブログカテゴリー