養育費

親権者でない方の親(子どもと離れて暮らす親)は、養育費を負担することで子どもの成長を支えて行くことになります。親権者であろうとなかろうと、親は子どもが独立するまで扶養する義務があります。
大切な子どもが心身ともに健康的に生活していくため、離婚にあたっては、養育費の月額、期間(いつからいつまでか)、支払い方法(銀行振込み?)、特別な費用の分担(入院時の高額な医療費)等、決めておいて下さい。

→記載例
→関係判例

ABOUT US

行政書士飯塚實事務所 なでしこ離婚相談室(静岡県藤枝市)

最新のブログ

  1. 能登半島地震から1か月が経ちました。被災された方には心よりお見舞い申し上げます。
  2. 離婚の話しが持ち上がったとき、相手に勝手に「離婚届」を出されないように、もしくは、もし出されても役所...
  3. 離婚が決まったとき、親御さんへはどう伝えますか?離婚そのものは夫婦二人の問題ですね。

ブログカテゴリー