コラム

養育費、婚姻費用の算定表が改定されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

令和元年12月23日、養育費、婚姻費用の算定表が改訂されました。

これまで利用されてきた算定表に比べると、養育費や婚姻費用の額は多くなるか又は同じで、少なくなるケースはほぼないようですね。

特徴的なのは、0歳~14歳のお子さんを抱えている場合は、額が多くなること。

養育費や婚姻費用の請求を検討中の方は、ご自分のケースに当てはめてみるとわかりやすいと思います。

算定表の金額が多くなったことは喜ばしいことですが、養育費は最後まで払い続けてもらうことがとても大事です。金額を決めたら書面に残す。できれば公正証書として作成しておく。離婚時にきちんとやっておきましょう。

「養育費、婚姻費用算定表」(裁判所HPより)

関連記事

ABOUT US

行政書士飯塚實事務所 なでしこ離婚相談室(静岡県藤枝市)

最新のブログ

  1. 能登半島地震から1か月が経ちました。被災された方には心よりお見舞い申し上げます。
  2. 離婚の話しが持ち上がったとき、相手に勝手に「離婚届」を出されないように、もしくは、もし出されても役所...
  3. 離婚が決まったとき、親御さんへはどう伝えますか?離婚そのものは夫婦二人の問題ですね。

ブログカテゴリー