コラム

アメリカでは8月に離婚が多い。日本は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビを見ていて知ったんですが、アメリカでは8月に離婚が多いらしいです。
理由は、秋から冬に向けて感謝際やクリスマスなど家族で過ごすイベントがあるため。
「気持ちが離れた相手と過ごしたくない」
「相手の家族にも会いたくない」
そんな気持ちが働くようですね。
だから8月に離婚をして、冬を一緒に過ごす新しい恋人を探すために、結婚生活をリセットするんだとテレビでは言っていました。
なるほど。

それでは、日本では何月に離婚が多いのかな?と思いますよね。
日本で最も離婚件数が多いのは、3月です。
(厚生労働省「平成21年度離婚に関する統計」平成20年の詳細分析より)

日本の3月といえば、年度末。
子どもの学年がひとつ上がる前にスッキリしたい、子どもの学校生活に与える影響をできるだけ少なくしたいをという親の思いが見えますね。

考えてみれば、アメリカの新学期も確か9月。
テレビでは子どものことに触れてはいませんでしたが、アメリカでも子どもの環境に合わせた離婚が多いのかもしれませんね。

親の思いは万国共通ということでしょうか。

Tags:

関連記事

ABOUT US

行政書士飯塚實事務所 なでしこ離婚相談室(静岡県藤枝市)

最新のブログ

  1. 民法が改正されて、今年の4月1日から成年年齢が18歳になります。
  2. 令和元年12月23日、養育費、婚姻費用の算定表が改訂されました。
  3. 離婚手続の中で、最後にやることが「離婚届」の提出です。そう。

ブログカテゴリー