コラム

離婚後の共同親権が可能になるかもしれません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚後の子どもの養育を検討する法制審議会が、議論の「たたき台」を示しました。
そのたたき台の中で初めて、「父母双方の共同親権を可能とする」ことが示されたわけです。
皆さんご存じのとおり、今の民法では、離婚後は子どもの親権者として父母のどちらかが親権者になるかを定めなければなりません。いわゆる単独親権です。
これが父母の両方が子どもの養育に関われる「共同親権」になれば、子どもの進学や病気の長期的な治療のような重要事項は、父母の合意で決めることになります。離婚後の父母が、話し合いができるorできないというところが、一番のポイントでしょうね。
単独親権にも共同親権にも、それぞれメリット&デメリットがあります。
ただ、世の中が多様化している現在、共同親権についての議論も避けられないですよね。
議論がどのように進み、最終的にどうなるのか。今後も注目していきたいと思います。

関連記事

ABOUT US

行政書士飯塚實事務所 なでしこ離婚相談室(静岡県藤枝市)

最新のブログ

  1. 能登半島地震から1か月が経ちました。被災された方には心よりお見舞い申し上げます。
  2. 離婚の話しが持ち上がったとき、相手に勝手に「離婚届」を出されないように、もしくは、もし出されても役所...
  3. 離婚が決まったとき、親御さんへはどう伝えますか?離婚そのものは夫婦二人の問題ですね。

ブログカテゴリー