コラム

もうひと頑張りして「公正証書」を作成しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

離婚の際に二人で取り決めた内容は「公正証書」にしておく方が良い、ということはずいぶん浸透してきましたね。お客さまからの問合せを振り返っても、公正証書について皆さんよくご存知だなぁと思うことが多いです。ただ現実は、公正証書作成までたどり着く方はまだまだ少ないといったところでしょうか。

理由はいつくかあると思いますが、

  • 費用がかかる
  • 時間がとれない
  • これ以上相手と関わり合いをもつのがいや
  • 面倒くさそう などなど。

確かに公正証書を作成するには、時間もお金も余分にかかりますし、相手と話しを詰めないといけない場面もあります。だから面倒くさい。煩わしい。

しかも、ここまでいつくもの大きな山を越え、深い谷を渡り、やっと離婚するところまできたというのに、もうひと頑張りする気力も体力も残っていない。一日一日を乗り切ることだけでも大変。それも十分理解できます。

でも、これまで何組もの公正証書作成をサポートしてきた私の立場から敢えてお伝えさせていただくとすれば、もうひと頑張りして「公正証書」を作っておいてください!です。

いまの頑張りは、未来の自分へのプレゼント。将来、公正証書が威力を発揮して、あのとき作っておいて本当に良かったと思える日が来るかもしれません。もしそういう日が訪れなければそれはそれで万々歳ですし、見方を変えたら、あのとき公正証書作っておいたが故に平和な日を送れたということかもしれません。やれることはやったという実績が自分の自信になって離婚後の生活を支えてくれると思います。

なでしこ離婚相談室は離婚後のあなたも応援したい。だから、離婚時には少しだけ頑張って、ぜひ公正証書を作成しておいてくださいね。

関連記事

ABOUT US

行政書士飯塚實事務所 なでしこ離婚相談室(静岡県藤枝市)

最新のブログ

  1. 民法が改正されて、今年の4月1日から成年年齢が18歳になります。
  2. 令和元年12月23日、養育費、婚姻費用の算定表が改訂されました。
  3. 離婚手続の中で、最後にやることが「離婚届」の提出です。そう。

ブログカテゴリー